自分らしく生き始めた妻に起こりやすい夫婦関係の行方その3

こんにちは!

起業コンサル×心理セラピストの田中ゆうこです。

今回は自分らしく生き始めた時に起こりやすい

夫婦喧嘩の行方について書かせていただきますね!

今回は3−5になります。

<目次>

1、夫は全部私のせいにする。

2、喜ばせたかった人への思い

3、投影のパワーを取り戻す

4、私が引き寄せたこと

5、夫の本心

 

3、投影のパワーを取り戻す

 

聡子さんの場合

お母さんとの関係で思い込んでしまった

「私はやりたいことをやることはできない」

「私が悪い」

と思いこんでしまいました。

 

人は

心の底から信じて思い込んでいることにだけ

頭にくるのです。

信じていなければ、

何を言われてもどうでもいいのです。

 

これはよく心理学系の本に書いてありますが

私も実体験があるので本当なんです。

でも、実体験がないとなかなか信じにくいですよね。

 

どうしても

相手が自分を傷つけるために

言っているような気がしてしまいます。

 

例えばこんなことがありました。

「綺麗だね〜」と私が声をかけると

「あ、そう」と通り過ぎた人がいました。

 

その人はきっと

人の言うことなんて信じられない

私は可愛くない

って思っていたんだと思います。

 

でも同じように別の人に声をかけたら

喜んでもらえます。

 

それは

人の言うことを信じていい

私は可愛いんだ

と信じているから、受け取れるんです。

 

傷つくのは

自分が信じていることを言われてしまった時だけなんです。

 

そして夫婦関係においては特に

自分の親子関係のできなかったことが

投影されているということ。

 

要はすべて

相手の問題ではなく

自分が始まり、なんです。

 

4、私が引き寄せたこと

 

私が引き寄せたんだ。

 

罪悪感や責任感ではなく

ただそう受け取れるようになると

 

自分で自分の世界を

思うように変えることができるようになります。

 

被害者ではなく

自己創造の世界です。

 

またこのような夫婦喧嘩を起こしたのには

潜在意識として2つ理由がありました。

 

1つは喧嘩をすれば

それ以上、夫との関係を見直さなくて済みますね(^▽^;)

夫が悪いことになるので

私は悪くなくなるのです(笑)。

 

そしてもう1つは

喧嘩にパワーを奪われるので

自分のやりたいことをやらなくても済むのです。

いい理由ができてしまうのです。

 

実は聡子さん。

起業家としてやろうとしていることがあったのですが・・

全然進められない。

そんなところに降ってきた喧嘩だったのです。

 

5、夫の本心

 

夫が本当に思っていることは何でしょうか?

 

それはご本人にしか分からないものですし

言葉で言うことで語り尽くせるかも分かりませんよね。

 

こんなことを言われていたそうです。

 

「1年前のあの時、

お前は挫折していたよな」って。

 

聡子さんとしてはあまりにも図星だったし

当時聡子さんを支えてくれなかったと思ったので

カチンときたそうです。

 

でも逆に自分が夫を挫折したと感じた時にどうしたかを

振り返ってみると・・

 

そっと見守っていたそうです。

 

友達だったら気楽に

大丈夫って言えると思います。

それに家族だからこそ

優しくすることだけでも難しい。

そんな時もいっぱいありますよね。

 

だから

そっと見守り続けたこと

これは当時の夫からの最大の愛情だったのかもしれません。

 

実は。

世界に愛は溢れている。

 

ただ

自分のメガネが曇っているせいで

見えなくなっているだけ、かもしれませんね。

 

「スッキリしました!

また仕事頑張ります!」

 

そう言って帰られた笑顔を見られることが

私にとってもとても嬉しい1日となりました。

 

 

より夫婦関係が豊かな関係となって

さらに幸せな女性が増えていきますように。

 

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

 

-therapy
-, ,