自分らしく生き始めた妻に起こりやすい夫婦関係の行方その1

こんにちは!

起業コンサル×心理セラピストの田中ゆうこです。

 

今日の午前はノートに向かっていました。

 

私の思いやスキルをどんな人に届けたいのかな〜と

改めて書き出していたんです。

 

私が自分の持っている思いやスキルを伝えたい人。

それは

ひと昔前の自分。

 

いつも気づくと自分らしくなくって。

言いたいことを言えなくて

だからイライラしていて。

本当はもっと人前に出たいし

やりたいことがあるのにやれていない自分、でした。

 

「やりたいことをやろう!」

「生まれてきてよかったって思いたい!」

「自分らしい人生にしたい!」

 

そう動くと、起きてくることもあるんです。

 

今回、ご了承いただきましたので

セッション内容を公開いたします。

 

以前の私と同じように

家族と仲良くしたい、

でももっと自分らしく生きたい。

そう願う女性に届いたらと心から願います。

 

<目次>

1、夫は全部私のせいにする。

2、喜ばせたかった人

3、投影のパワーを取り戻す

4、私が引き寄せたこと

5、夫の本心

 

1、夫は全部私のせいにする。

 

今日は浮かない様子の聡子さん(仮名)。

「夫と久しぶりに喧嘩しました」とのこと。

 

「些細なことで喧嘩してしまって・・

私ってまだまだだなって思ったんです。」

 

聡子さんは駆け出しの起業家さんです。

 

それまでは夫に従い、家事をし育児をする。

家庭を守ることが生活の中心でした。

 

でも起業すると家庭の外に行くことや

夫の意に沿わないことも増えてきますね。

喧嘩には夫婦関係のバランスの崩れもあるように感じました。

 

妻が妻という役割ではなく

自分を生きようとするとき。

 

夫としてみれば

とても不都合なのです。

 

だってそれまでは

「おい」「はい」で通用してきたことが

なくなってしまうのですから。

妻が夫である自分の意に従うことが少なくなるのですから

不満は夫としてみれば当然なんです。

 

でも妻も夫に従うということは

我慢の何物でもありません。

 

聡子さんにとってみると

喧嘩してもう我慢できない!と思ったのは

夫の言葉。

 

何かあったときに

聡子さんのせいにすること、でした。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

ここまで読んでいると

男性の方は「そんなの妻が勝手だ!」って思うかもしれません。

「男は頑張って外で働いているんだよ!」と。

 

そして女性は

「そうよね、夫が悪いわよね。

だって妻だって一生懸命、家事育児、頑張っているのよ。

それなのに全然、認めてもくれないじゃない」

って思うかもしれません。

 

実はこれ。

この会話だと

どちらもツライですよね。

 

ではこの会話の抜け道は

どこにあるのでしょうか?

続きはこちらからどうぞ!

 

自分らしく生き始めた妻に起こりやすい夫婦関係の行方その2

 

 

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

-therapy
-,