スクリーンショット 2017-01-13 18.02.16

身体の分離を統合すれば、自分らしく生きられる

こんにちは!田中ゆうこです。

 

私たちは体調不良について、

いけないこと、であったり

自己管理がなっていない。

そう教えられてきたように思います。

 

でも体調不良はある意味ギフトです。

身体が身をもって

「その方向が自分らしくないよ!」と

教えてくれるからです。

 

身体からの声を聞ければ

より自分と繋がって

安心してワクワクした人生を生きることができるようになります。

 

 

クライアント様の許可を得まして

セッション内容を公開させていただきます。

 

 

こんな方に特にオススメです。

・体調を崩す理由が知りたい方

・不安感が強い方

・アップダウンの激しい方

・落ち込みやすい方

 

次がない!と思うと

かなえさんは3人のお子さんのお母さんです。

末っ子はまだ1歳未満。

起業を目指しています。

そんな、かなえさんが最近困っていることは

体調を崩しやすいこと。

疲れをためて寝込んでしまうことが多いそうです。

 

赤ちゃんを連れて出歩いて・・

そして寝込んで落ち込んでしまう。

 

 

そんな時に決まって、浮かんでくる声がありました。

それは・・

「寝込んでも、大丈夫なのに。

でもこのままだったらどうしよう・・」

 

「このままだったらどうしよう」

「でも、なんとかなるって分かっているのに」

 

このフレーズは

よく聞く悩みです。

 

決断の時や

思った通りにうまくいかない時。

悩んで不安になりますよね。

 

まず悩みや不安は無視しないことが大事です。

自分に不安があると

まずは認めること。

 

そうでないと、余計に悪循環にハマってしまうからです。

 

例えばかなえさんが自分の不安や無理に気づけたら

とことん出歩いて倒れるというパターンにはならないです。

でも不安が主導権を握ってしまうと

人生が不安の連鎖になってしまうのも事実です。

ではどうしたら不安から抜けられるのでしょうか?

矛盾を統合するのが1つの方法なんです。

 

矛盾の統合

何かうまくいっていない時は

・思い違いや考え違いをしている

・矛盾を抱えている

ことが多いです。

 

矛盾はそれぞれの本音を伝え合うことで

改善されます。

 

自分の中で矛盾がある場合には

身体の分離感が起きています。

 

かなえさんの場合には

頭(理性)では、大丈夫だと思えない!と感じていて

腹(本能)では、本当に大丈夫だと信じきれていました。

 

頭は腹を説得にかかります。

「大丈夫なんて言ったって

根拠がないじゃない!」

 

腹は頭の話を聞いた後、ふと気づきました。

「私・・体調不良を起こしたいのかも?

落ち込む理由が欲しいのかも・・」

 

体調不良は身体の都合と思うかもしれません。

ですが、

潜在意識的な願いにそって体調不良になることも多いです。

 

 

それに気づくと現実を変えることができます。

 

かなえさんは体の声を聞いていくと・・

 

「一人になりたい・・休みたい・・

でも「休ませて」が言えない」

 

そんな声が聞こえてきました。

 

夫に子育て休みたいと言えなかったそうです。

なので、強制的にシャットダウンする現実が起きていました。

 

どうして素直に子育てを休みたいと言えないのでしょうか。

 

かなえさんはボソッと呟きました。

 

「母親だから仕方がない、と思っていました」

 

母親だから子育てをちゃんとしないと!

 

この考えを持つことで自分がどうなるのか

を見直してもらいました。

 

「母親だから子育てをちゃんとしないと!」と思うと・・。

 

子どもにはイライラする

夫にはズルい!って思う

私ばっかり、って思う

家事はやっつけ仕事になっちゃう

 

本当は子どもだって可愛いのに

全然可愛いなんて思えない・・

 

でもね。

不自由な考えを持っているということは

強いメリットがあるということです。

 

「夫や両親、周りの人にアピールできる!」

「夫に十分やってます!って言えます!」

 

「気づいたんですけど・・

私、子どもを隠れ蓑に使っていたみたいです・・。

 

赤ちゃんがいないで一人で出歩くと

なんだか怖いんです・・。

 

赤ちゃんがいるから

この私でいいよね?

こんな私でもいいよね?って言えるような気がするんです・・。」

 

母親という役割を

自分の存在、価値の隠れ蓑にする。

母親だから

母親しているから私は大丈夫。

 

この感覚って私を含めて

多くのお母さんが持っているのではないかと思うんです。

 

そのままの自分でいいと言えない。

 

母親だから

仕事しているから

肩書きがあるから

私は大丈夫と言ってもらえる。

 

何もない私は大丈夫じゃない。

私そのものの本音は大事じゃない。

だから・・本音は言えない。

自分らしさは叶えていいと思えない、ってなるんです。

 

でもね、みんな気づいていますよね。

 

本当は

母親以前に

自分自身に価値がある。

 

そのままで価値がある。

 

ちゃんと子育てしていなくても

どんな格好をしてても

仕事をしていてもしていなくても

また子どもがいなくても

 

自分には価値がありますよね。

 

かなえさんは同時に気づいたことがありました。

 

「ちゃんと子育てしていれば

実家の母から責められないと思うんです。」

 

親からの真の独立なしに自分らしく生きられない

 

人は誰でも死にます。

 

この世界を旅たつとき

「ああ、私、この人生で良かった」

そう思えるには、どうしたらよいのでしょうか。

 

私は、のびのびと自分らしく自由に

生きられた時と思っています。

 

そうなるために必ず見直してもらいたいのが

親からの承認についてです。

 

私たちはいつまでも

親の子どもに変わりはありません。

 

だから無意識でいると、どうしても

親から認められたくなります。

それは仕方がないことです。

 

でも親の価値観で生きることが

本当に自分の幸せにつながるのか。

親の承認なしでは幸せになれないのか。

 

しっかりと見極めることが大事です。

 

親も一人の人です。

今、精一杯の愛情を与えているのが親です。

子どもがいくら期待しても

今以上の理解が難しいのが現実です。

 

親であっても自分以外の他人を

変えることはできません。

 

親の承認を得ようとすることと

自分らしく生きることと重なっていればよいのですが

両立しないことが多いです。

 

ですが、親も一人の人と認め

子どもが親の価値観を認められた時

自分の幸せも自動的に叶います。

 

なぜなら

誰かからの承認を待たずして幸せになれるからです。

 

 

最後に

これからは繋がりがもっと早く、加速することで

情報を得て

自分らしく生きる母親がもっと多くなるでしょう。

 

もっと自由に幸せなお母さんが増えれば

幸せをもっと感じる子供たちが増えていきますね。

そんな未来の日本を想像すると

とても嬉しくなります。

 

まず母親が自分らしく生きることで

幸せな家庭となるように応援したいと思います。

 

 

2017年1月に

グループコンサルを募集する予定です。

ベースは自分を生きること。

その中に

・起業(お金・仕事)あり

・家族関係ありの会としたいと思います。

一人でも多くの女性が

もっと幸せで豊かで自由でありますように!

願って会を開きたいと思います。

ご興味の有る方は

下記のメルマガにご登録くださいね♡

詳細は1月下旬に発表の予定です。

メルマガ読者様に優先的におしらせします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

 

 

 

-therapy
-, ,