%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-18-16-04

自分らしく生きる道の2つの歩き方

こんにちは!

起業コンサル×心理セラピストの田中ゆうこです。

 

「自分らしく生きよう」とするときの

2通りの歩き方について書いておきたいと思います。

 

<目次>

1、まず癒す

2、とりあえず動く

 

1、まず癒す。

 

なんか自分らしくない

やりたいことできてない

言いたいこと言えてない

そう感じる時は

小さい頃の自分が癒されていません。

 

赤ちゃんって泣きなかったら泣くし

笑いたかったら笑いますよね。

本来の私達はとても自由奔放に

自己表現できるもの、なんです。

 

それが今出来ないのなら

何か理由があってできなくて

そこが癒されれば、できるようになるのです。

 

セラピーの世界では

癒しが必要なのは

未完了の感情と思考の囚われ、と言われています。

 

ですので

感情と思考の囚われが癒されれば

本来の自分で生きる幅が増えてきます。

 

ですが、まず癒す歩き方の方は要注意点があります。

 

それは癒しは完璧には終わらないということです。

一生、未完了のことはあるのです。

 

ですから自分を大切にするために

癒しだけに焦点を合わせずぎず

人生をよりよくすること

自分らしく生きることも視野に入れていただけたらと思います。

 

そのためには・・

動くゆとりができたら

少し楽になれたら

ちょっと自信が持てたら

動き出すことをお勧めします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-17-09-38

 

 

2、とりあえず動く

 

自分らしく生きたいと思ったら

やっていなかったことを行動に移すことは

お勧めです。

 

まず癒すのと

とりあえず動くのと

どちらが良いわけでも悪いわけでもありません。

 

適性でどっちがいいかですね(笑)!

 

ただ、なぜやっていなかったのか

その根源的な理由を探求しないと

ちゃんとその理由に捕まるようになっています。

 

例えば動き出せなかった理由が

家族に反対されそう、だとしたら。

 

反対される理由を考えてみます。

だって・・

私は受け入れてもらえない存在だから。

 

だとすると

これって家族にだけ当てはまるわけではないのです。

 

自分は

受け入れてもらえない存在だと

信じている、ということになります。

 

また受け入れてもらえない、って

悲しいし、寂しいですよね。

 

ですから、ちらっとでもそんな雰囲気を感じると・・

途端にどどっと悲しさや寂しさとつながり

 

パターン的な行動になりやすいのです。

 

例えば、攻撃する、人のせいにする

諦める、放置する

やっぱり私ってダメなんだ・・と落ち込む。

 

いつも上手くいかないパターンってね。

 

自分で創りだしている

負のループなんです。

 

気づけばちゃんと

抜けられますよ。

 

なので行動得意!っていう人は

結局同じパターンにはまると思いますので

ちゃんと見直ししましょう!

(・・と私自身にも言っています(^ ^))

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

 

 

-therapy