心配症で疑り深い私のトリセツ その2

こんにちは!心理セラピストの田中ゆうこです。

心配症で疑り深い私のトリセツ、ということで前回からの続きを書いております。

前回を読み過ごしてしまった方はこちらからどうぞ~♪

心配性で疑り深い私のトリセツ。

 

そうそう、そして最後にボソリと呟いてみました。

なんでこんなに詳しいのか。

それは、私自身が、心配性で、疑り深くて、苦しんできた・・

というか現在進行中で苦しんでいるから。

 

心配症の人は「どうしよう、どうしよう」が口癖です(笑)!

要はプチパニック状態ですね!

そしてほぼ無意識でなります^^;

 

口に出してはいなくても、なんとなく挙動不審になるので分かります(笑)!!

 

そんなときに、もしも余裕があるのならこう言ってあげてください。

「どうしたの??」

「なにか話を聞くよ。」

「大丈夫だよ、一緒に考えよう。」

 

そして、自分がそうだな~と思う方はもちろん、助けてもらえそうな場合はぜひ

助けてもらってください。

でももしも、誰も助けてもらえなさそうな場合は

自分で自分に声をかけてあげてくださいね。

 

「どうしたの??」

「なにか話を聞くよ。」

「大丈夫だよ、一緒に考えよう。」

 

 

たぶん、これだけでも

「どうしよう、どうしよう」にはかなり効果的なはずです。

 

 

どうして

「どうしようどうしよう」になってしまうのか。

 

 

それは不安だから。

 

そして小さいころから

「どうしよう」という不安を

頭を一生懸命働かせて、

最悪のことを考えて、そうならないように出来るだけの手を打つ。

 

そうやって自分の身を

必死になって守ってきたから、なんです。

 

だから・・

 

頭の回転が良すぎることも

否定的に考えてしまうことも

決して要らないものではありません。

 

 

ずっとずっと

あなたを守ってきてくれたものなんです。

 

 

でも・・

 

 

もうそんなに否定的に考えなくても

「仮にこうなったらどうしよう」をいっぱい考えなくても・・

 

今のあなたなら解決できるはずです。

 

 

「どうしよう」ってぐるぐる頭を回してしまうのは

今まで守ってきてくれた、無意識のクセ、です。

 

 

もう、そろそろ手放してもいいのかもしれませんね。

 

 

手放してもいいなあ~

 

 

そう思ってくれた方は

今、考えていることは

「事実」なのか「現実的に起きる可能性が相当高いのか」

それとも単なる「憶測」なのか。

 

まずはそれを確認してみましょう。

 

 

例えば私だったら。

今日、絶対外せないグループ講座でも次男が学校に行かない。

行ってもまた喧嘩をしたと電話が鳴る。

 

 

も~~~~

私、仕事できないじゃん!!

 

この先どうなるのーーーーー!!!

 

 

って怒って思うワケですよ(笑)!

 

 

この中に、どれだけの事実があるか、

未来は本当にそうなるのか、ということです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

=============================

心理セラピーへのご興味をもっていただきありがとうございます。

当分は公募せず、メルマガ読者さまのみにお伝えさせていただく予定でおります。

風邪をひいた関係で募集が遅くなっております。

何卒、もうしばらくお待ちくださいませ。

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

-therapy