痛みは身体からのメッセージ

こんにちは!心理セラピストの田中ゆうこです。

今日は、身体からのメッセージを聞くことについて書きたいと思います。

なぜなら、今、私は風邪をひいているからです(笑)!

 

この身体のメッセージを聞く視点は

特に起業家にも必須と考えています。

なぜなら、起業するとどうしても行動だけに特化しがちだからです。

 

起業では行動を素早くすることが良いこととされています。

まあ、実際に行動をしていくことが結果に繋がりますよね。

ですから行動は大事ではあります。

 

でもよくありがちなのが

行動に特化するあまり、特にネガティブな感情が捨てられてしまったり、抑圧されてしまったりすることです。

 

悲しい

空しい

ムカつく

落ち込む、などは

感じると行動力が確実に落ちるから、ジャマなように感じるのです。

 

身体の痛みも同じです。

どこか身体が重い、思うように動かない、痛いがあると・・同じく

「ジャマ!」「無くなればいいのに!!」と思いがちです。

 

では、なぜ身体の痛みは発生するのか。

 

ざっくり伝えると・・

今、必要な人生のメッセージ

潜在意識からのストップ信号、だと考えてみてください。

 

痛みは

それ以上同じパターンを続けていると、

本当に行きたい先に行けないよ、というアラームです。

 

私もセラピーを通して、自分も含め多くの人の

身体からのメッセージを聞いてきました。

 

あるときは

この痛みがないと自分を守る方法が分かっていないため起きていたり

(痛むことによって自分を守っています)

責任を背負いすぎていたり

恐怖や腹立たしさや悲しみからの逃避でもあったりします。

 

それだけ

 

身体からのメッセージは

自分でも気づいていない本音での不足した生き方へのメッセージです。

 

私は心理セラピストであるので

身体をほぐすことはセッション中、一切ありません。

 

 

軽度の痛みであれば

メッセージに気づけば

本来の自然治癒力が発動し、痛みが消え、楽になっていきます。

 

 

そのプロセスは本当に不思議です。

 

 

今回の私の風邪の原因は・・

腹痛に関しては、

「甘えたい

優しくしてほしい」という欲求の欠乏感から来ているようでした。

 

「大丈夫、見守っているよ」と自分に声をかけるだけで・・

痛みが引いていくのが分かりました。

 

ただ、頭痛に関してはまたスッキリしていませんが^^;

 

 

自分を大切にすることの大事な1つは

身体からのメッセージに耳を傾けること。

 

行動力がたとえ少し落ちたとしても

耳を傾ける

休む

感じる時間を増やしたほうが

早い、ということも多々、あるんですよ♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

田中ゆうこの心理セラピーにご興味がある方はメルマガにご登録ください♪

先着3名さまでモニター価格で実施予定です。

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

 

 

 

-therapy