%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-20-20-18

不安になるのはどうして?不安の下にある4つの感情と欲求その1

 

こんにちは!

 

起業コンサル×心理セラピストの田中ゆうこです。

 

今日は私的な気づきを

 

備忘録代わりに書いておきます。

 

読んでくださった方のハートにふれられたら嬉しいです。

 

「私って他の人に比べて

実は不安が大きいんだ」

 

「不安って頭が作り出しているものなんだ」

 

「じゃあ、どうやったら

この私の不安とうまく付き合えるんだろう」

 

多分2年前よりこんなことを思うようになりました。

 

 

それまでの私は自分の不安の大きさに気づいていませんでした。

 

 

ただ自分の性格についての一番大きな悩みが

 

感情の振り幅が他の人と比べてどうも強いらしい

 

と気づいたのです。

 

 

特にやりたいことをやろうとすると

この不安感に振り回されてしまう。

 

不安感に振り回される自分に対して

失望感と情けなさと

周りに迷惑をかける申し訳なさと。

 

 

「こんな自分からどうにかならないかな」

 

そう思ったことが今回のきっかけになっています。

 

 

不安を見つめる。

 

今の私見をまとめてみましたのでよかったら読んでみてくださいね。

 

<目次>

はじめに・不安の下にある4つの感情と欲求

1、怖い

2、寂しさ

3、罪悪感

4、甘えたい

 

はじめに・不安の下にある4つの感情と欲求 

 

不安の下にあるもの。

 

今、わかっている限り不安の下には私の場合

 

4つの感情や欲求があって

 

それを分からなくするために不安が起きるようです。

 

 

1、怖い

 

1つ目は怖さ。

 

ある状況をイメージして怖いと思うときもあれば

 

過去に起こったことを連想しているときもあり

 

でも、漠然と根拠もなく怖さを感じているときもあるようです。

 

 

2、寂しさ

2つ目は寂しさ。

 

これはインナーチャイルドと関係しているようです。

 

 

私が幼かった時の

 

寂しかったこと

 

悲しかったことと似た状況になると

 

不安になることが多いです。

 

 

例えば、幼い頃に妹が生まれて

 

かまってもらえなかったことや

 

振り向いて欲しい時に振り向いてもらえなかったことです。

 

 

 

あんな寂しさを感じないためには無意識に

 

自己犠牲も選んでしまうし

 

怖さと寂しさも合わせて

 

猛烈に働くことを選んでしまう。

 

 

 

怖さ、寂しさを

 

忙しくすることによって

 

麻痺させてしまう、というパターンができたようです。

 

 

でもその麻痺は一瞬は逃れられるのだけど

 

永遠に逃れらるわけではなくて。

 

でも逃れたいから必死で

 

忙しくしていたように思います。

 

 

怖さも寂しさも

 

私が動いていると

 

全く感じなくて済むようになります。

 

 

そうすると

 

幻想の安心感が得られる。

 

 

でもこの安心感は

 

他人の評価や承認にも寄っているから

 

実は全然、安心できない。

 

そんな負のループがあることに気づきました。

 

続きはこちらからどうぞ!

 

 

不安になるのはどうして?不安の下にある4つの感情と欲求その2

 

 

 

 

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

-poem
-