ちいさいおうち ばーじにあ・りー・ばーとん絵いしいももこ訳

こんにちは!心理セラピストの田中ゆうこです。

絵本の不思議な威力の1つは・・

安心感を与えてくれること。

私はほとんど小さい時の絵本の記憶がないのですが、

この本だけは特別でした。

 

幸せだった頃から

どんどん環境が変わっていってしまう。

でも自分は「家」だから動くことができない

でも環境がどんどん変わっていく・・

そんな状況の中で、家はまた再生し

そこに住む家族もまた幸せをもたらされる話です。

 

この環境が変わっていくさまは。。

大人になってからもう一度読んでみても、

なんだか切なくなります。

 

でもだからこそなのかもしれません。

 

もう一度、幸せが訪れることが

ものすごく、ホッとします。

それは我が家の子どもたちも同じ心境だったみたいです。

 

「何があっても大丈夫なんだよ」

 

いつの間にか、人は変化を怖がるようになり

最悪の事態まで考えて動くことも多いです。

 

でも実は、この絵本のように

「無条件に最後はきっとよくなる」

そう考え、信じることが・・案外良い方向に向かうことなのかもしれません。

 

そんなことも教えてくれる絵本だと思います。

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

-picture-book