0cb255456a3c511e903f25decb86d426

ジャッジと自立と依存と。

こんにちは!心理セラピストの田中ゆうこです。

久しぶりに・・次男が学校いるのに電話が鳴らない2日間。

でも、今日は夫婦で支援会議なるものに出席してきますよ。

数時間後・・・・・

ど~なっているのかな・・・。

 

私は本が好きです。

というか、

困ったときは本、言葉に頼ってきました。

言葉を読んで感じた分からなさを追いかけて、人生が成り立っているような気もします。

 

今回の次男の不登校、学校で友達にも見境なく手をだしてしまうこと。

 

あっちこっちの本を読んでも・・

「子どもの問題は、親でも特にお母さんの潜在意識の表れ」

「お母さんの人生の転換期」とある。

やっぱりね~と思わずにはいられない。

 

例えば、子どもの喘息は夫婦関係で汚染された家庭の空気を子どもが浄化しようとしてなることもある、

という諸説もある。

実際、我が家も小学校低学年のとき、まさにそう、と腑に落ちた。

 

喘息は、医学的にも遺伝などもあると考えられているし

一概に子どもが汚染された空気の浄化をした、という考え方にだけ偏るべきではないのかもしれない。

 

が、そんな目に見えない見方をしたとしたら、今、起きていることが違ってみえて

より良い方向性にいくときもあると思う。

また目に見えないことって、思っている以上に影響されると私は思っている。

 

自然の中を歩いているとき。

神社仏閣の静けさに身を置いているとき。

 

ただ静かになる。

そんなとき突然に腹を立てる人は少ないのではないか。

 

今回の子どもが荒れるという出来事を通して

自分がもう一度やり直してみようと感じているのは

自分が安心・安全・平和になるということ。

もっと分かりやすく具体的に書くと

人を責めること、自分を責めることを極力少なくしていくことだ。

特に夫婦間や、親子、家庭において。

 

次男を通して、私自身が学校に行きたくなかった小学校2年生当時を思い出していた。

当時、なぜ学校に行かなければいけないのか。

なぜこんなつまらないことをしなければいけないのか、さっぱり分からなかった。

正直に言えば、今でも少し理解できないのかもしれない。

本当は、子どもは人は、管理された環境でなくても

管理された学校教育でないほうが、伸びる可能性が高いと感じるからだ。

 

ただ、自分自身、学校教育という管理の枠は外れることができなかった。

当時、私を理解できなかった、特に母親をずっと、心の中で憎み、否定してきたことを

実感をもって感じることができた。

なんとなく母に通ずるところがある夫に対して憎しみの感情も感じていたと思う。

まあ夫としたら、「オレが何かした?」という不意打ち以外の何物でもなかっただろう。

 

次男の今回の学校での出来事は

「本当に終わったこと」としての再出発であり

「本当になりたい自分」への追い立てでもあったと感じる。

 

昔、霊が見えるという方に(ちなみに私は見えません)

「子どもと身体を使って、人生のブレーキをかけないこと!」

と言われたけど。。。

その点はまだまだ・・。

 

小さいころの自分が本当に望んだことは2つあった。

 

1つはどんな環境でも自分らしく生きること。

経済的に自立して生きること。

それはかなり叶っている。

今後、どんな環境であっても、立て直してやっていける自信もある。

 

であったら、2つ目の願いを叶える時期。

 

小さいころの私の2つ目の願いは

どうしたら家族が仲良く生きていけるのか。

 

この願いを叶えるためにいろいろやってきたなあ。

結婚して、子どもを生んで

育児ノイローゼになって

自分を見失って

夫のせいに、親のせいにして。

 

人のせいにして生きることが、実は一番苦しく、罠にはまっていて自分のパワーを失ってしまう。

しかも罠にはまっていることすら気づきにくい、本当に人間最大の呪文なのかもしれない。

 

気づきが起きるとき

今がただ、なにか苦しくて、全然人生が思い通りになっていない、ということ。

 

「アイツが悪い」という考え方は、その場は解決したような感じになるけど

自由と平和を失うことになる。

全部割り切って、「それはもう過去のこと」と自立して

そこに眠っている罪悪感も苦しさも感じないで生きることもできるけど

逆に人生がきつく苦しくなり、この人生に実はある温かさから遠ざかる。

「あのとき親が」「あの時夫が」と人のせいにして生きることもできるけど

自分が全く関わっていないから、他人任せで依存的な人生になる。

本当はただ甘えたかっただけ。

でもそれができなかっただけ。

 

 

その両方はあったけど、

その両方を感じながら

繋がっていく人生を今ここから再選択していきたい。

 

====================

田中ゆうこの心理セラピー with*Natural  まもなく再開しようと思っています♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-family
-, ,