スクリーンショット 2016-08-09 16.40.03

「マザーノート」茶喜利さんの個人セッション

2016/08/10

こんにちは!

起業コンサル×心理セラピストの田中ゆうこです。

 

乗り気ではないファスティング合宿に行こうか迷っていたときに。。

「個人セッション、あとひと枠!」

に乗って申し込みをした茶喜利(チャッキリ)さんの個人セッション、

「マザーノート」。

 

「茶喜利」という名前だけでも

只者ではないんだろうなあ・・。

今回は流れで行ってみよう!

今おもえば、とても必要な出会いでした。

 

当日、茶喜利さんのセッションは

ファスティング会場であるエステルームを貸し切って行われた。

 

はじめまして〜で向かい合ってよく見た茶喜利さんは

アジアン風の服を着た

少年のように人懐っこく笑い、よくしゃべる人だった。

 

実は、どんな人か、どんなセッションか

全く知らずに勘で申し込んだのだった。

先にセッションを受けた人から様子は聞いたけど・・

どうやら寝ちゃったらしい。

 

密室苦手、男性と二人きりも実は苦手なのに〜

大丈夫かワタシ、と思いながらセッションは始まった。

 

<目次>

1、「マザーノート」という名前

2、女性は夫の”姓”を選んでいる?!

3、音による波動調整

4、背骨に宿した魂の旋律

5、私のビジョン

 

1、「マザーノート」という名前

 

「マザーノート」は

本来の源に還る、

全ての人が生まれた1つの母に還る、という意味があるそうです。

 

1つの母から生まれたはずなのに

いつの間にか違う人間、違う個体という分離意識が芽生え

 

その感覚が実は生きることを苦しめているのではないか

そんな思いから始まったセッションだったそう。

 

セッション前の朝。

同じ太陽をみんなで見た感覚。

 

1つのものから生まれているなら

出し惜しみする必要なんてなくて。

 

ただ存在する

ただ循環する

それが当たり前である世界が実はある。

 

1つの源に還っていく時の入口が

姓名の「名前」の方ではなく「名字」であると

茶喜利さんは言う。

 

なぜなら

その名前を持つワタシは

この世界ですでに唯一だから。

 

でもこの世界で生きているワタシは

「名字」と「名前」の合体のワタシだから。

「名前」だけの存在としては

この世界では生きていないから。

 

「名前」はもちろん「名字」も受け入れて、

唯一無二の自分を

自分がもっと好きになってほしい。

それが茶喜利さんの「マザーノート」の願いだそうです。

 

2、女性は夫の”姓”を選んでいる?!

 

人が自由に生きられない時に起きていることの1つは

無自覚であるときだ。

 

生まれることを選んでいて

日にちも名前も選んでいて

夫の姓も選んでいるとしたら??

 

私は「えーーー!!」と(心の中で)叫んでいた(笑)!

 

夫の姓は好きで選んじゃいない。

たまたまそうなっただけ!!

 

多分、この考えに賛成してくれる女性は多いかも。

 

仮に無意識だけど

その名前を選んだ私だからこそ

今生きているこの世界でできることもあるのではないだろうか。

 

私自身も「田中」を受け入れることによって

ビジョンがよりはっきりし

地に足がついた気持ちになりました。

 

3、音によって癒される

茶喜利さんのセッションは型がないそう。

つまり同じスタイルでセッションが行われるのではなく

かなり即興性が高い。

なので、これからの感想も1つのスタイルと思って

読んでもらえればと思います。

 

茶喜利さんとのくだけた会話が終わった後

音による身体の波動調整が行われた。

寝た状態でおこなれる人も多いみたいで

本当に気持ちのいい音なので眠気を感じる人も多いみたい。

 

身体にも表と裏のそれぞれに調整があり

その時に必要な面にアプローチがされるとのこと。

音の純度でどのくらい調整が進んだかわかるそうです。

 

4、背骨に宿した魂の旋律

名前×名字、そして背骨を背中合わせにすることにより

その方の宿された魂の記憶の旋律を呼び起こします。

 

実は、セッション後に茶喜利さんにも伝えたのですが

男性に背中を見せるのが大嫌いでした(笑)!

 

よく精神世界では

「委ねる」ことの大切さや

「コントロール」の不要さが言われています。

 

でもなかなか現実では難しい。

委ねたら大変なことになりそうだし

コントロールしなければいけないような気にもなります。

 

茶喜利さんとのセッションで

委ねることや流れに乗ることの大切さ

コントロール不要が体感覚としてわかったことが

私自身はとても貴重な経験でした。

 

見学することができたセッションでは背骨から奏でられる音楽は

その人の命にぴったりの音と言葉のように感じました。

 

茶喜利さんのセッションは涙だけでなく

パワーをもらったり、癒されたり、心が明るくなったり・・と

次元が変わる人が続出した3日間でした。

 

5、私のビジョン

出てきた歌とイメージは

名字の「中」と名前「ゆうこ」の融合の世界でした。

 

ゆうこの名前の持つパワーは以前から知っていました。

ゆ、は湯や癒や夢。ゆったり癒しや夢にも関係します。

う、は生や鵜。産みや飲み込む苦しみもあるけれど生み出すパワーもある。

こ、は固。固める、現実化すること。

名前通りに生きてきたと思っています。

 

そこで出てきた「田中」の意味。

 

中庸の世界。

グラデーションの世界。

二元の世界を超える。

善い悪い。

どちらも「ゆ」るめて「優(ゆう)」しく

それでいて「ゆ」るぎなく「中」で立つこと。

 

また「田中」の母音はすべて「あ」の音。

「あ」はハートの音。

「ゆうこ」だけでなく「田中」だからこそ

セラピストというハートの仕事はぴったりだそうです。

 

 

「マザーノート」から導かれた私のビジョンは一言でいうと

「ワンネス」

 

違いがあってもそれは1つの源から生まれた違い。

もともとは1つ。

 

みんなが同じ太陽に集う仲間であり

分け御魂なのです。

 

最後に

茶喜利さんとのセッションは

セッション内容も本当に素晴らしかったです。

 

でもそれ以上にセッションの素敵さを決めるのは

その人のもつ雰囲気なんだと思いました。

 

私にとっての茶喜利さんのセッションは

なんか懐かしい

ガキんちょの頃の素の自分にかえった

ほんわか温かい

そんな時間でした。

 

「ほんと、私は今、二元性に苦しんでいて

どーしていいかわからないんです!!」って言ったら

宿題出してくれました(^▽^;)

 

セッション中に茶喜利さんには

私がアーティストとして作品つくっていたそうです・・。

近々はこちらで茶喜利さんには会えるそうですよ。

よかったらぜひ参加してみてくださいね♡

↓↓↓

http://www.reservestock.jp/events/125025

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

-event
-,