ザパワーオブザハート立花岳志&牧野内大史トークイベントin東京神保町その2

2016/11/13

「ザパワーオブザハート」トークイベントは

どんな会なのか?について

当日の様子を加えてご紹介させていただきたいと思います。

 

1

 

会の進行は以下のようにさせていただいています。

1、「ザパワーオブザハート」ショートムービー

2、講師それぞれのハートについてのトーク

3、講師2人でのライブトーク

4、Q&A

1、「ザパワーオブザハート」ショートムービー

会の設定意図をわかりやすく説明するために

最初ショートムービーを上映させていただいています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-22-19-12

 

 

何か行きづまりを感じた時、本を読まれる方は多いと思います。

でも繰り返し読んでいくと・・

気づきませんでしたか?

 

あれ??

同じことを言っているよね??

 

そうなんですよね、

心理学や自己啓発、スピの本って同じことを

違う言葉で言っています。

 

ハートの声を聞くことができたら良さそう

あり方(being)って大事なんだな

と本を読んでいるとわかります。

 

でも、自分はどーしていいか分からない!

と私自身がずっと本を読むたびに思ってきました。

 

だから

じゃあ自分が今、これから

どうしたらいいのかについて知るきっかけになる会を

開きたかったのです。

 

DVDザパワーオブザハートでは

実話に基づいてハートの力の探求が深まる内容になっています。

 

その中でも今回は

・ハートとつながるとは?

・ハートに繋がらない人生とは?

・人生というハートの旅

・正と負という観方

・自己表現をして生きていくということ

・ビジネス・お金

の部分を抜粋して動画を作っています。

 

ザパワーオブザハートの予告編については

こちらをご覧くださいね。

(会当日放映のショートムービーとは

違う構成になっております。)

 

2、講師それぞれのハートについてのトーク

ぞれぞれの講師のトークの中で

印象に残った部分をご紹介させていただきますね。

 

1)牧野内大史さんのトーク

(以後いつも呼ばれているようにマッキーと書かせていただきます)

 

5

 

 

あるとき、マッキーは主催者として

懇親会を開いたそうです。

 

たくさんの方が来てくれたそうですが

その時間内に話せたのは、たった1人。

しかも、マッキーにとって好印象を与えない方だったそうです。

 

その人はずっと話されていて

他の人のところには行くことができない感じで

イライラしてきたそう。

 

だんだん苛立ちが募ってきます。

 

でも。

 

その、自分を苛立たせている人の中にある

ではなく

 

その、自分を苛立たせている人の中にある

と見えていた枠

(私の言葉ですと、「この人ってこう!」という決めつけや思い込み)

 

がふっと、

自分の中にあった、と気づいたそうです。

 

そうすると・・

 

苛立ちが消えていたそうです。

 

むしろ愛おしく見えたそう。

 

この気づきがあるかないかで

人生が大きく変わっていきますよね。

 

立花さんはこのあと、質疑応答で

この気づきを癖にすると良いと言っていました。

 

苛立ちは

自分の中のある部分に対して同じように

苛立っています。

 

そこに気づくと、消えるのです。

 

対人関係が

かなりストレスフリーになります。

 

ですがこれには習慣が必要なんです。

習慣化できるようになると

人生が大きくシフトします。

自分のもっと本質にエネルギーを注げるようになるからです。

 

2)立花岳志さんの話

 

ハートを見つめることで人生が

どう変わったのかについて

オープンに語っていただけます。

 

18

 

今回も聞いてた皆さんの反応が面白かったです(笑)!

女性の方は特にビックリして、のけぞっていました。

 

行動して

人生を激変することができました。

 

でも、そのあと立花さんに襲ってきたのは燃え尽き感。

何か達成したあとに必ずやってきたそうです。

 

日本人ってともかく頑張って達成すること

が良いことのように思われがちです。

 

でも行動を強化するだけでは限界がやってきます。

 

立花さんがこの3年間整えてきたのはbeing。

 

ただ存在しているだけで

自分は無敵だったと思い出すこと。

 

何かできなかったことがあった時、やりがちなのが

beingの自分を責めてしまうこと。

そうではなく誤っていたのはdoingの自分。

 

beingとdoingの自分を分けること。

そして

より深い自己と統合をすれば軸は整ってくる。

 

次回は

コラボトークのと質疑応答

を抜粋して書かせていただきますね。

ザパワーオブザハート立花岳志&牧野内大史トークイベントその3

 

 

 

-event
-,