ザパワーオブザハート立花岳志&牧野内大史トークイベント東京神保町

2016年10月30日 東京の神保町にて

立花岳志さんと牧野内大史さんのトークイベントを主催しました。

 

当日は寒い日でしたね。

そんな日でもハートは

いつでも私たちの命を燃やすために

中心となって支えてくれています。

自分のハートとつながり

よって、周りの人のハートにもつながり

自分に還り

自分らしさをこの世界に表現していく。

 

すると世界は

より幸福に満ちていくでしょう。

 

そんな世界の始まりは

たった1人の人から始まり

輪になって広がっていくことを感じました。

 

会はまずDVDのショートムービーから始まります。

DVD自体が素晴らしいので

上映会でも十分なのです。

 

でもそれだけでは、私自身が人生で困ってきました。

私はこのDVDのエッセンスをどう生かしたら

人生に変化を起こせるのかが分からなかったんです。

講師のおふたりはそれぞれご活躍されている作家さんです。

なので別々のお話だけでも十分に価値があります。

 

でもこの人生に変化を起こす最も大切なキーワードの

ハートは

ものすごく捉えどころがないのです。

 

抽象的ですし

何しろ個人的な経験値の差もあります。

 

相談をしたけど、なんだかなあ

って思った経験ってありませんか?

わかるんだけど、わからん!みたいな(笑)。

 

人生の真髄って

でも両方から攻められる場さえあれば

その場で人生を変えるきっかけって受け取れる

と思ったんです。

 

でも、人生での変化の種や捉えかた、という面では

一緒なんですよね〜。

 

なので、ものすごく抽象的なことを

ある意味正反対なタイプのお二人にお話いただくことに

意義があると思い、開催することにしました。

 

講師のお二人について私が好きなところは

好き、から始まる活動をされていること。

自然体なところ。

doingとbeingのバランスが良く感じること。

 

特に私自身はお二人の引き寄せる面の裏にある支え

にすごく惹かれてきました。

 

例えば

立花さんだったらビジネス面とか習慣力とか

実行力に長けていると映ると思うんです。

 

でも私は立花さんの心のお話が大好きで。

とてもパワフルで清々しくって、分かりやすい。

beingが大事ってどこの心理学や自己啓発、スピの本でも

書かれているけど、なんかわからないって思いませんか?

心の話ってふんわりしていて、捉えどころがないって

思いませんか?

 

でもね、

立花さんの話はすごく良くわかるんです。

言葉もわかりやすいし、自分の話や実例を加えて話してくださるので

すっと心に入ってきます。

あと次にした方がいいこともその場でわかるので

無駄がない(笑)。

しかもライブイベントだと一方的に講師として

話されている感じが全然ない。

質問している方の奥にある真意を捉えて話してくださるので

すごく腑に落ちやすいのだと思います。

 

その一方で

心の世界って抽象的な理解も必要だなと思うんです。

言葉からイメージして自分のこととして考えるとか。

 

牧野内さんのお話はそんな感じでしょうか(笑)。

わかるような、わからないような。

捉えどころがあるような、ないような(笑)。

 

でも、心の世界を勉強してbeingを整えていくには

この自分の感覚を素通りしたりしないでキャッチできることが

とても重要だと感じています。

 

ハートが伝えているメッセージをどこまでキャッチできるかが

かなり人生を変えていく力になると思うのです。

 

私は牧野内さんにビジネスの基本を教わりました。

6年くらい前、最初の独立の時です。

意図の大切さ、文章の書き方の極意、メルマガで大切にしていることなど。。

 

その当時に教えていただいたことは

今でも大切なこととして

私のあり方に影響を与え続けています。

-event
-,