img_1577

岡部明美さん草津ワークショップ2016その3

こんにちは!

起業コンサル×心理セラピストの田中ゆうこです。

岡部明美さん

(以下、いつも呼ばせていただいている通り「明美ちゃん」とします)

の2016年ワークショップってどんな感じか?

私の感想でお伝えさせていただきたいと思います。

 

前回より続きになります。

今回は4から5です。

<目次>

1、感性をひらくと本当のあなたが花ひらく。

2、なぜ今なりたい自分になれないの?

3、セラピーの真髄

4、場にある力を読み解く

5、最後に

 

4、場にある力を読み解く

何か困り果てているときは

個人レベルではなく

所属する集団の”もつれ”が関わって起きていることも多いです。

 

集団とは

家族であったり

会社であったりします。

 

その”もつれ”を解き明かし

最善を見つけるのがコンステレーションです。

 

潜在意識の量子場を使って

集団に属する個人を配置することにより

起きている”もつれ”を見える化していきます。

 

ワークショップという場で

個人を配置することで星座のように見えることから

家族の座

会社の座

とも言われています。

 

クライアント役の人は直感を使って

自分のそれぞれの集団の登場人物を

ワークショップの参加者から選び

その場に配置していきます。

 

私自身、クライアントも登場人物役も経験したことがあります。

 

とても不思議なのですが

当時の私の家族が配置しただけなのに

代役の人たちによって語られていきます。

 

代役に立つとこれまた不思議なのですが

自分であって自分でない感じです。

 

その代役の人の気持ちが

なぜかわかるのです。

 

コンステレーションのファシリテーターは

それぞれ配置された距離や方向

そして代役から語られる気持ちから

今につながる”もつれ”を見つけ、ほどいていきます。

 

その場にいる全ての人を巻き込んでいく

ダイナミックな創作劇のようです。

 

そして終わった後は一体感が広がっていきます。

 

世界は人はこんなに優しくって素晴らしかったんだという

そこにあった現実に気づくこと。

 

私も初めて参加したワークショップでは

同じ風景が違って見えることに驚きました。

 

それくらい

セラピーの世界は潜在意識の働きかけ

ガラッと変わる力を持っているのだと思います。

 

5、最後に

今、こうしたい何かがあるのにできていないのだとしたら

未来をイメージする力が足りないというよりも

過去に起因することが多いと感じます。

 

それは特に幼い、まだ未熟な頃に起きた出来事に対する

誤った認識であったり

感情のしこりであったりします。

 

ある意味、イタイ自分を心の中から見つけ

起きたことの解釈を変え

感情のつまりやしこりを解放すること。

 

イタイと思っていた子ども

自分自身の内なるパワーや魅力を取り戻していいと

自分に許可をすることが必要な時なのかもしれません。

 

 

「何か面白そう!」

「自分に合っているかも!」

そう感じた方はぜひ岡部明美さんのワークショップへどうぞ!

オススメです♡

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

岡部明美さんのHP

http://okabeakemi.com

 

岡部明美さんと出会った頃の私と御宿ワークについて・その1

岡部明美さん草津ワークショップ2016その1

 

2016草津ワークについて・その2

岡部明美さん草津ワークショップ2016その2

 

 

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

-event
-