red-chairs_free_photo

起業コンサルが心理セラピーを伝えたい理由その3

こんにちは。心理セラピストの田中ゆうこです。

私の普段の生活の顔は起業女性専門のコンサルタントです。

コンサルの様子については此方をどうぞ♪

http://ameblo.jp/yukoshbs

セラピー&コンサルティング with Natural 田中ゆうこ

 

起業コンサルが心理セラピーを伝えたい理由として

 

1、特に起業初心者の場合、「事を起こす」という行動面の心理ブロックが強く、やれば良いことが分かっていても出来ないことが多いため。

2、実際に起業で素晴らしい内容を提供していても、お金ブロックがあってお金を受け取れていない人が多いため。

3、どんな困難にあっても起業を続けるには、まずお金を得られるかよりも、心の底からしたいことを明確にしておく必要があるが、「心の底からしたいこと」を感じにくくなっている人が多いため。

4、自分らしい起業を成功するのは可能だが、そのためには「自分は自分のままで良い」という自己肯定感へのアプローチが必須になり、底上げするにはコーチングよりもセラピーの方が効果的なことも多いため。

 

とし、前回は1についてその理由を書かせていただきました。

1の行動ブロックの解説についてはコチラからどうぞ!

起業コンサルが心理セラピーをお伝えしたいと思った理由その2

 

さて、今回は2番目の「お金に関するメンタルブロック」について解説させていただきますね。

 

1番目の行動のブロックと共にお金に関するブロックは

かなり起業家の命運を握っていると実感しています。

 

そもそもお金は金属であり紙です。

でもその金属や紙にかなり振り回されているのが現実です。

ですから、何故、振り回されているのか、特に

 

お金に

どんな時に

どんな風に

振り回されやすいのか

客観的に知ることが大事です。

 

「そんなこと、当然!」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でもお金ブロックは発見がすごく難しいんです。

 

何故なら、家系で代々「お金とは○○なものだ!」と当たり前の認識として刷り込まれているため疑いにくいですし

かつお金は人間の本能である安全欲求とも密接に絡んでいるので

 

疑うのが怖いんです!!

 

家系がどれだけお金観に影響しているかは実の両親が自営か雇用かで

大きく異なります。

自営の方のお金観は

大きくも入ってくるけど、失うのはあっという間という”危うい”感覚があります。

それに比べて雇用の方のお金観は

限られた数しか無いという”限定”感を持っていることが多いです。

 

「○○とは××というもの」という価値観、考え方のことを観念と言いますが

観念にはいい悪いはありません。

ただその通りに信じていますので、その通りの人生が展開していくだけです。

 

ですからもしも雇用の方が

起業してもっと収入を上げられるようになりたい!と思ったら

雇用の親から引き継いだ「お金は限られている」観を持っているととても苦しくなります。

 

何故ならお金は限定されているので収入を得ることは

「お客様からお金を奪っている」とも感じるからです。

 

逆に親が自営だった場合、そのままの観念でよいかというと

決してそうでもありません。

 

例えば起業でも収入をある程度安定させることは可能なのですが

親が自営で波乱万丈の生活を送っていたとしたら

「起業とは波乱万丈で仕方がない」と思いこみ、堅実な経営からは遠くなり

親と同じように不安な生活を送らざるを得なくなってしまうのです。

 

現在の日本ではお金は津々浦々で流通していますから

お金を考えない時間すらほとんどないのかもしれません。

 

でもその、お金の考え全てが

実は見直ししてみる価値のある考えなのです。

 

お金が無いから・・

お金があったら・・

 

そして

親はお金をこう言っていた・・

お金って結局こうよね・・

 

その全ての考えを意識し、見直し、

今の自分に適した考えを身につけられれば、かなり起業の収入は変わってきますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

with*Natural 田中ゆうこからのメルマガをご希望の方は、こちらにご登録くださいませ。

with*Natural心理セラピーへようこそ
お名前(呼び名でも可)  *
メールアドレス  *

 

 

 

 

 

 

-cosulting
-, , ,