IMG_0689

FUCK IT ~「思い込み」をぶっこわせ! ジョン・C・パーキン著 雲黒斎(監訳) 1

 

IMG_0689

 

人生全般、かつ日常的な悩みの解き方を笑いながら、かつ分かりやすく教えてくれる本だと感じました。
人生における葛藤や悩み。対人関係のトラブル。

 

それが全て自分の思い込みが原因であることを

  「価値観」と「執着」、そして「コントロール」

という3つのキーワードから分かりやすく教えてくれる。
更に、本当に日常的な悩みの対応方法についても

心理学やスピリチュアルによくありがちな重た~い雰囲気を軽快に吹き飛ばして

 

具体的で分かりやすい道しるべを示してくれる本だと感じました。
それと、「FUCK IT」は、ものすごく切れ味がいい!

 

うすうす感じていることを明らかにして、目の前で笑いと共にバッサリ断ち切ってくれる感じでしょうか?

 

何か停滞している、うまくいかない、どうしようもない感じがするときは、

見た方が良いことを見切れていない、無意識に見ないようにしている時。
私は起業女性の思い込みを外して、本来の自分の力を伸び伸びと発揮していただくことを引き出すコーチ・コンサルとして仕事をしているが

思い込みだと気づくことが自体が難しいと感じています。

この、自分の思い込みを気づく難しさが「『ファック・イット』の一言で解決できないよ」、という方には少々物足りないかもしれない。
そんな方にも、そもそも本来の自分の生き方であるとか、人生のステージが変わった先の生き方を感じる本だと言えます。

 

 

人生が自分らしくない、うまくいかない理由とは?
この本は分かりやすく提示してくれます。

  問題なのは、価値のあることに僕らが「執着していること(しがみついている」ことだ。
本でも書き記されているように、私たちは生まれたときは「快か不快かの単純基準」。

それが大人になるにつれ、価値観=生きる上で大切だと思うことがどんどん増えていく。
でもその「大切だと思うことにしがみついていること」が人生を苦しくしているんだよ。

大切って思っているけど、本当に大切なのかい?
   「え?本当は大切じゃないかも?」
そう思えたら、思い切って「もうええわ!」って言ってみるといいよ。

思いきれたら人生が変わっていく顛末もこの本は教えてくれる。

 

この本には日常生活のありとあらゆる混乱からの脱出方法が書いてある。

その中の1つに食生活についてがある。

食生活についての下りは、私自身が体験したことと当てはまっていたのでご紹介させていただきたい。

 

【続き】 私の食生活の「もうええわ!」体験。~ 体の中の”戦争”を終わらせる ~

 

-未分類